沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

沖縄の結婚式に呼ばれたらどんな服装がおすすめ?かりゆしウェアもOK?

沖縄は本州と違い季節の変化があまりない地域。リゾート地としても有名ですからリゾート婚なども多く、参列する側としては服装に悩む人も多いです。そこで今回は最近の沖縄の結婚式での服装の傾向を紹介します。

沖縄の結婚式はかりゆしウェアでもOKってホント?

沖縄で地元の結婚披露宴に参加すると、意外とかりゆしウェア姿の参加者を見かけることがあります。一見するとアロハシャツのようにも見えるかりゆしウェアはカジュアルウェアとして着る機会も多いのですが、実は沖縄では正装という意味もあります。そのため、結婚式で着用してもマナー違反ではないのです。

そもそもかりゆしウェアの「かりゆし」とは「めでたい」という意味を持っているため、縁起の良い服として認知されています。しかもネクタイを着用しなくても正装として認知されているかりゆしウェアは、窮屈な礼服と違い開放感があります。

ただしここで注意したいのは、「挙式への参列」と「披露宴への参加」の違いです。

結婚式

かりゆしウェアが正装として認められている沖縄ですが、挙式への参列となると本州と同じく礼服またはドレスが一般的です。とはいえ披露宴への参列となると規模も参加する人数も多い為、挙式であってもかりゆしウェア姿の人が少しずつ増えています。

ワンピースタイプはより華やかな印象になる

男性のかりゆしウェアも素敵ですが、女性のかりゆしウェアは華やかさもあり会場全体が明るい印象になるため、沖縄県内でも徐々に人気が集まっています。特にワンピースタイプのものは他の参列者のドレスとデザインが被ることもない為、会場でもひときわ目立ちます。結婚式専門の婚礼会場の場合は照明も暗く設定されていますので、さわやかな印象のかりゆしワンピースはひと際華やかな印象になります。

かりゆしウェアは通販でも購入する事が出来ます。以下は楽天で購入する事ができるかりゆしウェアの一覧です。

子供を参列させるときの服装は?

沖縄が地元の新郎新婦の結婚式に参列する場合、子供の服装はきちんとした礼服を準備したほうが無難です。「子供なのだからかりゆしウェアの方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、これまで地元出身の友人の結婚式に参列してきた経験からいえば、沖縄では子供はきちんとした礼服(女の子の場合はドレス)を着ている方が圧倒的に多いです。

ただしリゾート婚として県外の方が沖縄で挙式する場合は、かりゆしウェア姿の子供たちのほうが多いような気がします。最近では沖縄出身者同士の結婚式でも、ロケーションの良い場所でアットホームな雰囲気を演出した式も増えています。ですから会場の雰囲気に合わせて準備するのが無難でしょう。

夏の結婚式の服装のポイントは?

沖縄の夏は異常に暑いですから、年配の方であってもあまり結婚式に着物で参加する人はいません。男性の場合はスラックスに落ち着いた色や柄のかりゆしウェアで参列する人も多いですし、女性の場合はシルエットがきれいなワンピース姿の人が多いです。

ただし式場内はかなり冷房が効いていますので、パーティードレスを着る場合は簡単に羽織ることができるものを一枚準備しておくのがおすすめです。

冬の沖縄の結婚式の服装のポイントは?

沖縄で冬の時期は非常に短く、12~2月初旬ごろまでを冬と考えます。そのため暦の上で冬であったとしても沖縄の10~11月は真夏のような状態ですから、冬物の礼服や着物を準備すると会場の中でかなり浮いた印象になります。ですから冬の結婚式だとしても、何月に行われる式なのかによって準備する服装を変えるのがおすすめです。

女性の服装を例に挙げると、12~2月に行われる結婚式では着物姿の参加者が多くみられるのですが、11月まではほとんどがワンピースまたはロングドレスが中心です。男性の服装も12~2月はほとんどがスーツまたは礼服ですが、11月まではかりゆしウェアにスラックス姿の参加者もよく見かけます。

リゾート結婚式にお呼ばれした時のおすすめの服装

リゾート婚にお呼ばれした場合は、友達でかりゆしウェアをそろえてみるのも素敵です。特に海をバックに挙式をするのなら、白い砂浜や真っ青な海とさわやかな印象のかりゆしウェアの相性はよく、写真映えもします。真っ白なウェディングドレスが生えるデザインのかりゆしウェアで統一すると、式場全体も一体感が生まれてとても素敵に見えます。

長袖のかりゆしウェアならフォーマル感がアップ

かりゆしウェアというと半袖シャツが一般ですが、どうしてもカジュアルな印象に見えてしまうというところがありますよね?そんな場合は長袖のかりゆしウェアにすると、フォーマル感がぐっと上がります。

Return Top