沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

国際通り観光にオススメのコインロッカーと荷物の配送サービスをご紹介!

沖縄は観光地ですから、一年中旅行者の姿を見ます。よく見るのがスーツケースを転がしたまま、観光地を歩いている姿。那覇に到着したものの、ホテルのチェックインまで時間がある時や飛行機の搭乗前にちょっと観光したい時もあるでしょう。そんな時に便利なコインロッカーや荷物の配送サービスをご紹介!

航空会社の荷物配送サービスを利用する

出発前に宅配便を利用して荷物を自宅から沖縄まで送ってもいいのですが、通常、東京や大阪から那覇に到着するまでに3日かかります。天候によっては遅れることもあるので、余裕をもって発送する必要があります。仕事をしながら出発の4,5日前に荷物を準備して発送するのは現実的ではありませんね。

そこで、出発する空港で荷物を預ける時に宅配便で沖縄のホテルに届けてもらう方法です。これなら、那覇に到着して、荷物をピックアップすることなく、すぐにコンサートを見に行ったり、観光スポットへ繰り出せます。

ANAの快速宅空便

12:00までの到着便なら、当日の配送が可能です。ホテルによって取り扱いがないこともありますので、確認してください。翌日以降、配達日を指定することも出来ます。料金は1個1,000円です。

JALの手ぶらサービス

翌日以降に配達となります。配達日、配達時間を指定することが出来ます。料金は1個1,000円です。

JALは当日配達が出来ないので、翌日になってもいいものみ宅配を利用したり、帰りに利用すると良さそうです。通常通りに宅配便を利用するより、航空会社のサービスを利用したほうが到着が早いです。

那覇空港からホテルまで宅配便を利用する

LCCを利用した場合などは那覇空港内のヤマト運輸を利用します。

那覇空港→ホテル

11:30までの到着便であれば、那覇空港から本島内のホテルに当日19:00までに届けてもらえます。11:30以降の到着便は翌日配達です。利用できないホテルもあるので、ホテルに確認してください。料金は1個500円。

ホテル→那覇空港

チェックアウト前にホテルで荷物を預けて、16:00以降に那覇空港で荷物を受け取ることが出来ます。締め切り時間や取り扱いがあるかはホテルに確認してください。料金は1個500円。

国際通り周辺のコインロッカー

なんとかなるかなと国際通りまでスーツケースを持ってきたものの、やっぱり歩きにくい!と思った場合は、コインロッカーが便利ですね。

モノレールの駅

モノレール駅のコインロッカー

モノレールの各駅にはコインロッカーが設置されています。改札の内側にも外側にもあります。雨に濡れることもなくて便利ですね。

  • 使用時間:6:00~23:30
  • 使用料金:中ロッカー 400円、大ロッカー 600円

那覇観光案内所

国際通りの真ん中、てんぶす那覇の1F、ローソンの奥に那覇観光案内所があります。コインロッカーもありますし、入らない場合はカウンターで預かってもくれます。

那覇観光案内所のコインロッカー
  • 使用時間:9:00~19:30(当日限り。日をまたいでの利用は不可。)
  • 使用料金:中ロッカー 300円、大ロッカー 500円。
  • 手荷物預かり:1個500円。

観光案内所ですから、お勧めの観光スポットやイベントのことも教えてくれます。多言語対応なので、困った時はぜひこちらを利用してください。

旧ハピナハの脇

旧ハピナハとA&Wの間の道にコインロッカーがあります。24時間対応なので、人気で競争率が高いです。雨ざらしなので、ここで荷物の整理は出来ませんね。

  • 使用時間:24時間
  • 使用料金:小ロッカー 100円、中ロッカー 200円

パレットくもじの店内

県庁前駅からすぐのデパート、パレットくもじの店内(B1F,1F,2F)にコインロッカーがあります。

  • 使用料金:9:00~21:00
  • 使用料金:小ロッカー 200円、中ロッカー 300円、大ロッカー 400円、特大600円

無料のコインロッカー

新都心の那覇メインプレイスのコインロッカーは無料です。(コイン返却式)博物館・美術館や新都心公園などへ行く時に便利です。

小禄駅からすぐのイオン那覇店のコインロッカーは無料です。(コイン返却式)小禄駅周辺にもおいしいお店もありますよ!

私は以前、東京に住んでいて沖縄に旅行した時の帰りに宅配便を利用しました。帰りなら荷物の到着が遅れても問題がないからです。すぐに使うメイク道具などは手荷物にするなど荷物の仕分けがポイントです。受け取りの都合も考慮して、宅配便や航空会社のサービス、コインロッカーをうまく使い分けて、沖縄観光を楽しんでくださいね!

ABOUT THE AUTHOR

Yuri
沖縄の自然と沖縄に住む人達の優しい人柄に魅せられて沖縄へ移住して来ました♪
Return Top