沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

安くておいしい沖縄のマンゴーを食べよう!

マンゴー

沖縄は亜熱帯性気候なので、南国フルーツの栽培が盛んです。マンゴーは数年前に、タレントから転身した知事が宣伝したので宮崎県が有名ですが、沖縄の方が収穫量が多く、安くておいしいマンゴーがたくさんありますよ!

マンゴーの歴史

マンゴーの原産地は、インドシナ半島周辺と考えられています。インドでは4,000年前から栽培されています。日本に伝わったのは明治時代で、本格的な栽培がされるようになったのは1970年代です。日本国内で収穫される量の50%以上が沖縄産なんですよ!

マンゴーの栄養と健康効果

国内で栽培されるマンゴーのほとんどがアップルマンゴーです。皮は赤っぽい色をしていて、果肉はオレンジ色です。ちょっと独特な香りとなめらかな舌触り、濃厚な甘みが楽しめます。

栄養面で見るとβカロテン、葉酸、食物繊維が豊富です。βカロテンは抗酸化作用があるので、美肌効果やがん予防、葉酸は貧血予防、食物繊維は便秘改善の効果に期待されています。

ただ、マンゴーは実は”ウルシ科”の植物なので、果汁に触れるとかぶれたり、かゆみを感じる人もいます。特にアレルギーのある人はご注意ください。

マンゴーをお得に入手する方法

マンゴーではスーパーでもよく見かけます。宮崎産のマンゴーはブランドになっているので高価ですが、沖縄産はそこまでブランド化していないので、宮崎産よりは安いです。

沖縄産のおいしいマンゴーをさらにお安く入手するには、「ファーマーズマーケット」が品ぞろえも豊富でお得です。ファーマーズマーケットはJAの直売所なので、品質に間違いがないです。

那覇周辺のアクセスしやすい「ファーマーズマーケット」を2カ所ご紹介します。

ファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」
  • 住所:糸満市西崎長4-20
  • TEL:098-992-6510
  • 営業時間:9:00〜19:00正月三が日・旧盆最終日は休み
JAおきなわ食彩館「とよさき菜々色畑」
  • 住所:豊見城市豊崎3-86
  • TEL:098-850-8760
  • 営業時間:9:00〜19:00(年中無休)

上記の2カ所は車がないとアクセスしにくいですが、駐車場も完備しています。マンゴーだけでなく、さまざまな果物や野菜がgetできます。なんと那覇空港にもファーマーズマーケットがありました。

空港ショップ「美らガーデン」
  • 住所:那覇市鏡水150(那覇空港ターミナル内)
  • TEL:098-840-1198
  • 営業時間:6:30〜20:30(年中無休)

出盛りの時期は7月~9月ごろ。ちょうど旧盆の時期に重なるので、贈答品としても人気があります。化粧箱に入っているものは高額になり、プラスチックのパックなら家庭用として比較的安価です。目的に合わせて購入してください。

マンゴーをおいしく食べられるお店

マンゴーを冷蔵庫で冷やして生のまま食べても良いですし、ジュースやゼリー、ジャムなどの加工品もおいしいですね。那覇市周辺のマンゴーをおいしく食べられるお店をご紹介します。

マンゴーカフェ木の葉平和通り店

マンゴーカフェの名の通り、マンゴーメニューがたくさんあります。平和通りにあるので、牧志公設市場や国際通りを巡ったあとにも行きやすいです。

  • 住所:那覇市牧志3-2-43
  • TEL:080-6485-7589
  • 営業時間;10:00~19:00(年中無休)
South&North

South&Northは沖縄の素材を使ったジェラートのお店です。旬に合わせてたくさんのフレーバーやマンゴーのジェラートもあります。地方発送も行なっていますし、ネットで注文することも出来ます。

  • 住所:那覇市銘苅3-13-26
  • TEL:098-861-3730
  • 営業時間:11:30~19:00
  • 定休日:水曜日(祝祭日営業)
ハンモックカフェ ラ イスラ

瀬長島のウミカジテラスにある「ハンモックカフェ ラ イスラ」。ハンモックに揺られながら、海を眺めつつ、マンゴーパフェを食べることが出来ます。マンゴーパフェはボリューム満点なので、シェアして食べることをオススメします。

  • 住所:豊見城市瀬長174-6
  • TEL:098-894-6888
  • 営業時間:10:00~21:00(年中無休)

沖縄のおいしいマンゴーを食べて、心も体もリフレッシュしてくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

Yuri
沖縄の自然と沖縄に住む人達の優しい人柄に魅せられて沖縄へ移住して来ました♪
Return Top