沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

沖縄旅行で台風が来たらどうする?

台風

沖縄と言えば、美しい海に白い砂浜、青い空、ハイビスカスの赤い花♪ってイメージだと思います。しかし、沖縄は「台風銀座」って呼ばれていて毎年、沖縄のどこかで、被害が発生しているのが実状です。沖縄旅行の時に台風が来たら、どうしたら良いのでしょうか?

台風発生~沖縄へ出発前の場合~

旅行に出発する前に、台風が接近していることが分かった場合、はっきり言って、観光ならば沖縄に来られることをオススメしません。日程が変更できるなら、変更してください。

出発さえ出来れば何とかなるというのは、沖縄には当てはまりません。本土の台風と違って、沖縄には勢力の強いまま、接近、上陸するので交通機関はストップし、停電や断水することもあります。

なんとか沖縄に到着できても、ホテルから外出も出来ず、(沖縄県民も台風の時は外出を控えます)食事もままならないこともあるからです。最悪の場合、停電&断水のホテルで缶詰めってこともあり得るからです!

子供連れ、持病のある方、旅慣れていない方は、特に日程の変更を強くお勧めします。

予約の変更

個人で手配したり、個人ツアーなどで手元にJALかANAの航空券がある場合の手続き手順についてご説明致します。(団体ツアーの場合は旅行会社に問い合わせてください。)

各航空会社のHPをまめにチェックしてください。「台風の影響を受ける恐れのある便」に指定された場合、WEB上で変更が可能になります。

先得や早割など、本来変更の出来ない航空券でも、台風の場合は特例として変更が認められます。WEB上で変更ができない場合は、空港のカウンターで手続きをします。該当の便に限り、手数料なしでキャンセル、変更ができます。

沖縄滞在中に台風が来たら

夕日

沖縄への台風はいつ接近してくるか分からないものです。天気予報で台風が接近している事を知った後の行動はどうしたらよいのかご紹介。

沖縄の離島にいる場合は急いで本島へ移動する

台風が接近すると、まず船が欠航になります。台風が離れても、波が高い場合は運航が再開されません。お店の商品も補充できないため、品切れになります。停電や断水のリスクも高く、復旧に時間がかかります。何日も離島で足止めを食うこともあるので、早めに沖縄本島に移動してください。

観光スポット、お店は閉まります

台風が近づくと、沖縄の観光スポットやお店は臨時休業になります。屋内施設の「美ら海水族館」も閉まります。お土産屋さんが連なる国際通りも、シャッターを閉めてひっそりしてしまいます。

マリンスポーツも同様で、ダイビング、シュノーケル、カヤックなどのツアーは、海況次第で中止になります。大型の台風の場合は、ホテルから外出しないように言われることもあります。悪天候の場合でもホテル内で楽しめる施設、プールやスパなどがあるホテルを選ぶのも良い方法です。

レストランが充実していないホテルだと、食事にも困ることがあります。雨風がひどくなる前に、スーパーやコンビニで食べ物を調達しておきましょう。

レンタカーについて

台風が接近している時は、レンタカーで移動することはやめましょう。沖縄の道路は普段でも滑りやすいですが、雨が降るとさらに滑りやすくなります。

雨風は本土のものとは比べ物にならないほど強く、大きな木が根っこから引っこ抜かれるように倒れることもよくあります。風にあおられて横転したり、思いがけないものが飛んできて、事故になることもあるからです。

海に近づかない

不用意に海に近づくと、高波にのまれることがあります。人も車も同様ですので、海の近くに車を停めた場合は移動させてください。

最終日に台風が来たら

沖縄旅行を満喫し、いざ帰るぞ!という時に台風が直撃する事もあります。台風の勢力が大きいと飛行機の運行が停止となります。どのように動けば良いのか見て行きましょう。

航空券の変更

出発の際と同様で、JALやANAのサイトで「台風の影響の恐れのある便」に指定された場合は、WEB上で変更することができます。

空席待ち

JAL・ANAは台風で飛行機が欠航になった場合、予約を振り替えるのではなく、空席待ちをしてもらって、運航再開後、順番に搭乗してもらうのが基本です。

したがって、空港のカウンターで特別空席待券を入手する必要があります。券を入手した後は列に並ぶ必要はなく、係員の声の聞こえる所で待ちます。番号が呼ばれた時に、その場にいないと順番が飛ばされてしまいます。呼ばれる時間はだいたい決まっていて、便出発の15分前や30分前と指定されます。タイミングを見計らって、食べ物を調達したり、トイレに行ったりすることになります。長期戦になることも考えられます。

那覇空港は大混乱になることも

台風が接近して飛行機が欠航すると、那覇空港は大勢の人で混雑します。台風の勢力や進路によって、空港にとどまっていることが危険と判断された場合や空港内にいる人が許容人数を超えると、県立武道館などの体育館に避難誘導されることもあるそうです。

エアコンも効いていない、固い床で、毛布どころか、食べ物も飲み物も提供されず、見ず知らずの大勢の人たちと朝まで過ごさなくてはならないこともあるわけです。想像するだけで、ストレスたまりそうですね(汗)

台風が接近して、飛行機の運航に影響でそうなら、空港で粘るのではなくて、空港を離れる手段を考えるべきです。

帰る日にちを前倒しするか、または運航開始当日ではなく、その翌日に延期するなどして、なるべく空席待ちをしないですむようにしましょう。特に子供連れや持病のある方は、ご注意ください。

ホテルを確保する

パソコン

女性や子供連れの場合、空港や体育館で夜を明かすのはリスクが高すぎます。航空券の変更手続きを済ませたら、いち早くホテルをおさえましょう。ホテルまでの交通費、滞在費は利用者負担になりますので、注意しましょう。

まずは、泊まっていたホテルに引き続き宿泊できるか確認します。別のホテルを探す場合は、電話で空室を確認します。宿泊料金はホテルによって様々なので、あらかじめ確認しておきます。そのホテルまでの交通手段を確認しておきます。また、ホテルで食事が出来るところを選びます。台風の時は臨時休業する飲食店も多いからです。

上手くホテルが見つからない場合は、観光協会などに相談してみてください。台風の時期はあらかじめ、最終日に那覇に宿泊するプランを組むという方法もありますよ。

台風が来た時の行動手順を知っておくだけで多少なりとも不安は解消されるかと思います。台風が直撃する際はなによりも安全な場所で身を守る事を第一に考えましょう。

ABOUT THE AUTHOR

Yuri
沖縄の自然と沖縄に住む人達の優しい人柄に魅せられて沖縄へ移住して来ました♪
Return Top