沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

こだわりの強いケーキ屋さん「パティスリー・ランヴォール」へ行ってきた

私は甘いものが好きです。洋菓子も和菓子もどっちも大好きです。今日はパティシエ自らが「こだわりが強い」と言っている「パティスリー・ランヴォール」へ行ってきました。

パティスリー・ランヴォールのランヴォールって?

パティスリー・ランヴォール

店名の「ランヴォール」はフランス語で「飛翔」「羽ばたく」転じて「自由」という意味です。

オーナーパティシエの福里さんは、沖縄の有名洋菓子店の家に生まれ育ちました。小さい頃から洋菓子への興味を持っていたので、製菓学校を卒業し、リゾートホテルで修業を積まれたそうです。ご実家の洋菓子とは異なる、フランス伝統の洋菓子が作りたいと2014年に「パティスリー・ランヴォール」をオープンさせました。

オーナーのこだわり

パティシエの福里さんは「沖縄ではこだわりのあるお店が多いけれど、自分はもっとこだわりが強いんです。」とおっしゃいます。福里さんのこだわりは随所にありますが、特に思い入れが強いのが「材料とオープンキッチン」と言えそうです。

パティスリー・ランヴォール

ケーキを作る上でなくてはならない小麦粉はフランス産の小麦をフランスで製粉したものを使っています。旨味が全く異なるので、小麦粉の価格は高くても、フランス産にこだわっています。

チョコレートも香り豊かで男性的な味わいが特徴なものを使っています。沖縄ならではの沖縄の素材を使うこともありますが、手頃で人気のあるからという理由では”紅いも”や”シークヮーサー”を使うことはないそうです。

オープンキッチン

オープンキッチンはガラスなどの隔てが一切ない、入り口から丸見えのオープンキッチンです。

コックコートも着ないで、好きな服に白いエプロン姿の福里さんの手によってケーキが作られていく様子をすべて見ることができます。嘘やいつわりのないありのままの姿、製造過程を見てお客様に安心して欲しい気持ちとお客様の視点や対話も大事にしたいという気持ちの表れです。是非、福里さんに話しかけてみてください。こだわりは強いけれども、クセは強くない、ムダにこだわりが強いかもしれないけれど、ムダな力は入っていない、気さくな福里さんとゆんたく(おしゃべり)が出来ますよ。

パティスリー・ランヴォールの店内

ドアを開けてお店に入ると、正面にガラスのショーケースがあってケーキがきちんと並んでいます。フランスの伝統的なケーキを中心に、シュークリームやティラミス、マカロンもありますし、ショーケースの上にはケーキ屋さんなのにクロワッサンもあります。土日にはバケットもあるそうです。気になりますね。

ショーケース

ショーケースの向こう側はキッチンで、真ん中の作業台を取り囲むようにオーブンなどがあります。ショーケースの左の陰にカウンターがあって、イートインスペースになっています。壁には大きくロゴが書かれていると思ったら、お子さんが描いたと思われるおとうさんの似顔絵も貼ってありました。ほのぼのしますね(笑)

ケーキを注文して食べてみた

悩んで私が注文したのは以下の3品。

  • タルト・クラフティー・スリーズ 300円
  • サクッとコロネ 150円
  • クロワッサン 150円

女性店員さんが手際よく袋に詰めてくださいます。すると、「こちら、クリスマスケーキのサンプルです。よかったらどうぞ。」とベイクドチーズケーキを1カットおまけしてくださいました。太っ腹ですね!さっそく無料サービスのコーヒーを注いで、カウンターでいただくことにしました。

タルト・クラフティー・スリーズ

タルト・クラフティー・スリーズはプリンにチェリーを加えて焼き上げたタルトです。ケーキに使われるチェリーって酸味が強すぎることもありますが、こちらは酸味が強くありません。なめらかなプリンとさくさくしたタルト生地がハーモニーを奏でています。やっぱりスイーツはハーモニーですね。マーガリンは使わずにバターを使うのがこだわりだそうですが、重くありません。きっとちょっとした混ぜ方でも風合いが変わってしまうのでしょうね。

サクッとコロネはその名の通り、サクッとしています。ちょうどよく冷えているのにサクサク感が損なわれていません。サクサクした生地は空気を含んでいて軽やかですが、ぼそぼそしません。このあたりの加減が腕の見せ所だと思います。なめらかなクリームがたっぷり詰まっています。表面はつやつやしていますが、ただのつやだしの卵黄ではなさそうです。口に入れた時に甘い香りがしましたし、パイ生地とクリームにもう一味プラスされているように思えたので、ジャムかもしれません。とてもおいしくて、子供からおばあちゃんまで誰もが好きになる味だと思います。

とても満足したので、クロワッサンとベイクドチーズケーキは家に持ち帰って食べることにしました。

クロワッサン

クロワッサンはバターの香りが豊かです。きっとバターも厳選された素材なんでしょうね。軽やかなので、丁寧に生地を作って層にしてあることが伝わります。シンプルなパンだからこそ、お店によって違いがある事がよくわかりますね。

ベイクドチーズケーキ

おまけで頂いたベイクドチーズケーキは、濃厚でしっとりとしていて、とてもおいしいので、娘と争うようにして食べました。もしかすると、チーズは1種類ではないのかもしれません。正統派のチーズケーキと言った感じですが、きっとパティシエは伝統を踏まえた上でひと工夫されているんだと思います。

パティスリー・ランヴォールの基本情報

識名園と南部医療センターの中間くらい、真和志高校の近くにあります。お店の前に車が3台停められます。まわりにお店はないし、ついでに立ち寄るという立地ではないのですが、私がお店にいた20分くらいの間に次々とお客様が来られました。ケーキは300円からとちょっと高めですが、厳選された素材を使っているからです。金額に見合ったおいしさだと思いますよ!

  • 住所:那覇市真地(まあじ)205 フェリーチェみのり101
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:年中無休(臨時休業はあるかもしれません)

ABOUT THE AUTHOR

島人
東京出身で那覇に引っ越してきました。小学生の娘を育てている主婦です。食べるの大好き!特に甘いものが好きです。沖縄の美味しい食べ物を沢山紹介したいと思います。
Return Top