沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

那覇のカフェめぐり~caFe木箱~

こんにちは。カフェめぐりは、いろいろな出会いがあるので、とても楽しいです。今日は「caFe木箱」へ伺ってきました。

caFe木箱はこんなお店

caFe木箱

caFe木箱は、首里城からも近い住宅地にあります。店主さんは女性なのですが、旦那様が大工さんということでお店には木がふんだんに使われています。

caFe木箱

店主さんはお子さんを育てているママでもあるので、お子さんにご飯を作るような感覚で、もうひとりの女性と一緒においしいランチを作ってくださいます。「お友達のママのごはん」のような気取りのなさがとても素敵です。

ランチタイムの看板も素敵でしょ。ハンガーを使ってるあたりが(笑)

ランチタイムの看板

caFe木箱の店内の様子

白木の美しい外観。ドアを開けてはいるとテーブル席が4つ。

店内

正面奥が厨房で、その前にカウンター席もあります。

カウンター席

お店の内装も木がふんだんに使われています。テーブルの上のティッシュボックスも木だし、アンティークグッズが並ぶ棚も木箱です。

アンティークグッズ

caFe木箱のメニューはこちら

ランチメニュー ランチメニュー カフェメニュー カフェメニュー

私はコーヒーを飲もうと伺いました。ケーキも食べたかったのですが、この日は残念ながら品切れ。そこで、「ぜんざいとコーヒーのセット」をお願いしました。(550円)

コーヒーとぜんざいのレビュー

まず運ばれてきたのは、ぜんざいです。お盆も木で出来ています。

沖縄ぜんざい

甘く煮た金時豆と麦の上にかき氷がのっています。トッピングは黒糖で、こぼれるほどたくさんかけてあって、さらに小さな器で添えられています。黒糖をかけながら、こおりを崩しつつ、金時豆と一緒に食べます。すっきりさっぱりしていて、汗がひいていく感じがします。沖縄の夏はこれがないと始まりません!

ぜんざいを食べ終わる頃にコーヒーが運ばれてきました。タイミングが絶妙です。

コーヒー

一杯ずつ丁寧に淹れてくださるコーヒーは、深煎りで酸味も苦みも飛び抜けたところのない、柔らかいすっきりした味でした。沖縄はコーヒーを淹れるの上手な人が多いなぁとまたまた感心しました。東京にも負けていないと私は思います。

ぜんざいもコーヒーもおいしかったので、今度はランチを食べたいなと思いました。豆ときのこのタコライスが気になる…。

沖縄カフェあるある

店主さんに話しかけると、オススメのカフェを教えてくださいました。カフェなのに、他のお店を宣伝しちゃうって、沖縄のカフェあるあるなんです。

いろいろとゆんたくしていると新たな発見や出会いがあるのも、沖縄のカフェめぐりの醍醐味です。

店主さんとゆんたくしていると、オジイが2人入って来られました。オシャレなカフェにオジイやオバーが来られるのも、沖縄カフェあるあるなんです。沖縄はアメリカ統治時代の影響があるので、オジイやオバーもコーヒー好き、洋食好きが多いのです。

オジイは「イユ、ターチ」と注文していました。暗号ではありません。沖縄の言葉でイユは魚、ターチは2つです。「魚ソテー定食、2つ」の意味ですね。

caFe木箱へのアクセス

龍潭通りから当蔵(とうのくら)の交差点を儀保方向に坂道を下ります。82号線に出る少し手前の左側にあります。儀保駅からは82号線を首里方面に向かって、最初の脇道を右に曲がって右側です。儀保駅からは5~6分のところです。

  • 住所:〒903-0821 沖縄県那覇市首里儀保町1丁目8
  • TEL:070-1945-8908
  • 営業時間:11:30~17:00
  • 定休日:土、日

首里城からも歩いて10分ほど。のんびりとお散歩感覚で行かれます。地元の人も旅行者も立ち寄っていただきたいお店です。ひとりでも子供連れでも入りやすいお店です。是非どうぞ。

ABOUT THE AUTHOR

島人
東京出身で那覇に引っ越してきました。小学生の娘を育てている主婦です。食べるの大好き!特に甘いものが好きです。沖縄の美味しい食べ物を沢山紹介したいと思います。
Return Top