沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

サンエー浦添西海岸 PARCO CITYが2019年夏開業予定!

サンエー浦添西海岸PARCO CITY

沖縄の小売流通企業の「サンエー」と「PARCO CITY」がタッグを組んで浦添に「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」がオープンします。開業予定が2019年夏と間近に迫ってきて、どんな施設になるのかがわかってきました。今わかっている情報をまとめてお知らせします!

サンエー浦添西海岸 PARCO CITYの基本情報

沖縄本島には大型施設のショッピングセンターが増えてきていますが、沖縄県民が期待している一つがサンエー浦添西海岸PARCO CITYではないでしょうか。まずは施設の詳細をご紹介したいと思います。

コンセプト

公式のサイトを見ると、PARCO CITYのコンセプトは以下のようになっています。

幸せの共感~ここから未来へ~

「人、街と一緒に未来へ向かい、幸せを共感できる存在でありたい」ここだから出来ること、未来のカタチをみせていくこと、それが当施設の目指すことです。

新たなポジショニングの構築
サンエーとパルコの合弁で㈱サンエーパルコを設立。沖縄未進出の店舗を積極的に誘致し、今までにない都市型の新しい施設を目指します
地元生活者と観光客が交流・融合する施設
地元生活者と国内外観光客をターゲットとし、「新たな沖縄の中心地」として“交流・融合”を生み出すコミュニティ形成を目指します
コト消費(体験)=エンターテインメントとして捉えた店舗と共用空間
見て、触れて、感じて、自身のライフスタイルをより豊かに想起させる「コト消費(体験)」を大切にした施設を目指します
引用:https://www.parco.co.jp/san-a_parco/

施設概要

敷地面積 85,484.92㎡、 店舗面積 約60,000㎡が予定されています。建物は6F建てで、1F~3Fが商業ゾーン、大型駐車場の駐車台数は約3,800台の内、約2,800台が天候影響を受けず利用しやすい屋内駐車場が備えられます。

周辺環境

サンエー浦添西海岸PARCO CITYは、2018年に開通した西海岸道路に面しています。西海岸道路は那覇から北へ向かう新たな幹線道路として開通され、那覇市内の混雑するエリアを避けて、ドライブを楽しみながら那覇空港から車で15分ほどで到着します。大型客船バースからは車で10分、西原ICからは車で20分とアクセスのよい立地です。

また、浦添市西海岸エリアは「那覇新港浦添ふ頭コースタルリゾート計画」が進められていて、「サンエー浦添西海岸PARCO CITY」はその中心ともいえる大型施設です。このエリアは今後、大型客船バースやリゾートホテル、人工ビーチの開発が検討されています。

つまりは、「ライカム」に匹敵する大型施設と言うことですね。期待が高まります。

どんなショップが入るの?

「サンエー浦添西海岸PARCO CITY」には約250店舗がオープンし、そのうち約80店舗が沖縄初出店となります。まだ全てのショップは発表になっていませんが、わかっているお店をいくつかご紹介しましょう。

ショップ

  • サンエー(食品、衣料)
  • エディオン(家電)
  • マツモトキヨシ(ドラッグストア)
  • 無印良品(衣料品、インテリア、食品など)
  • 東急ハンズ(インテリア、生活雑貨など)
  • アカチャンホンポ(ベビー用品。沖縄初)
  • H&M(ファッション。県内最大級)
  • ZARA(ファッション。沖縄初)
  • トミージーンズ(ファッション。沖縄初)
  • ABC-MART(くつ。県内最大級)
  • ユニクロ(ファッション)
  • J!NS(メガネ)
  • Afternoon Tea Living(生活雑貨)
  • HMV&BOOKS(本とCDなど。沖縄初)
  • 島村楽器(楽器。沖縄初)
  • namco(ゲームセンター)

グルメ

  • リトルマーメイド(パン。沖縄初)
  • きじむなぁ(オムタコ)
  • 一風堂(ラーメン。沖縄初)
  • 洋食 YOSHIMI(洋食。沖縄初)
  • みっちゃん総本店監修 元祖広島お好み焼物語(お好み焼き。沖縄初)
  • 叙々苑(焼肉)
  • リンツ ショコラ カフェ(チョコレート。沖縄初)
  • 白バラ洋菓子(ケーキ)
  • カルディコーヒーファーム(コーヒー、輸入食品など)

バラエティに富んだお店がたくさん揃いそうでワクワクしますね!

沖縄県内最大のシネコンも!

サンエー浦添西海岸PARCO CITYのもうひとつの目玉は、沖縄県内最大のシネマコンプレックスがオープンすることです。

「ユナイテッド・シネマ浦添(仮称)」は11スクリーンの予定で、東京・YEBISU GARDEN CINEMAのような商業施設との調和のとれた”デザイナーズ・シネコン”が基調で、アトラクションシアターの「4DK」や独自の映像技術とラージスクリーンフォーマットの「IMAXデジタルシアター」などの最新設備の導入が決定しています。

また、音楽ライブやスポーツなどのODS(Oter Digital Stuff)や独自のコンテンツの開発、上映も計画されているそうです。

以前の映画館はドアの開閉で光が入ってしまったり、座席によって見え方が異なるなんてこともありましたが、設備や技術がどんどん向上しています。”ユナイテッド・シネマ浦添(仮称)”なら、大迫力のスクリーンと最新の技術、音響効果で映画の世界に入り込んだような臨場感が今まで以上に味わえるかと思います。

今のところ車でアクセスするしか方法はなさそうですが、今後は路線バスの運行なども期待したいと思います。沖縄県民も旅行者も楽しめる場所になりそうで、2019年の夏の開業が待ち遠しいですね。

Return Top