沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

「一万人エイサー踊り隊」を見て、ちむどんどんしよう

那覇の三大祭りは、ハーリー、エイサー、大綱挽きです。毎年8月の第一日曜日に、国際通りで開催される「一万人エイサー踊り隊」は夏の風物詩とも言えるエイサーイベントです。私も毎年見に行っていて、これがないと夏じゃない!って思います。一万人エイサー踊り隊の様子をレポートします。

エイサーって、なに?

エイサーは、旧盆の最終日に先祖を送るための踊りです。ネットで検索すると「本土の盆踊りと同じ」なんてあります。意味合いとしては同じかもしれませんが、踊りの中身は全く違います。エイサーは、にぎやかでアップテンポの曲も多く、沖縄育ちでない私でも、わくわくうきうきします。これを沖縄の言葉で「ちむどんどんする」と言います。

エイサーの集団は大きく2つにわけることができて、伝統的なエイサーと創作エイサーにわけられます。伝統的なエイサーは地域の青年会のメンバーで構成され、先祖の供養を目的にしています。創作エイサーは伝統的なエイサーをもとにした踊りで、先祖の供養を目的にしないで、職場の仲間や大学のサークルなどを母体としていてメンバーの年齢も様々です。

エイサーの構成

  • 大太鼓 直径50センチくらいの重そうな太鼓を持ったまま踊ります。基本的に男性が担当しますが、創作エイサーの集団なら女性が担当することもあります。
  • 締太鼓 直径30センチくらいの太鼓です。
  • パーランクー 片面張りの手持ちの太鼓です。
  • パーランクー
  • 手踊り 伝統的なエイサー集団は太鼓は男性が担当して、女性が手踊りを担当します。着物の丈が短いのが特徴です。
  • 手踊り
  • 地謡 グループの年長者が三線や歌を担当することが多いです。今年は生演奏ではなく、CDを使う集団が多かったように思います。
  • チョンダラー わざと着物を着崩し、顔を白塗りにした道化役。ふざけているように見えて、実は踊りの合図をしたり、観客を盛り上げたりしています。踊りも理解し、全体を見ているとても重要な役割です。
  • チョンダラー

伝統的なエイサー集団は基本の構成に準じているところが多いですが、創作エイサー集団は構成にとらわれていないので、男性も女性も太鼓を持ちますし、獅子舞などを取り入れている集団もあります。

一万人エイサー踊り隊を見よう!

「一万人エイサー踊り隊」は国際通りを通行止めにして、10か所の演舞ポイントが設置され、安里の「さいおんスクウェア」の前から県庁方向に移動しながら、演舞を披露します。1つの集団はだいたい3、4か所くらい披露します。つまり、見るポイントによって、どの集団のエイサーが見られるか異なります。

どこのポイントで見ても楽しめますが、出店はほとんどないこと、トイレはお店で借りることになりますので、買い物に便利でトイレがたくさんある「てんぶす那覇」や「ドン・キホーテ」の前あたりがいいかと思います。

おととしは途中で大雨が降って中断となり、去年は雨の中開催されました。今年も雨が心配されましたが、イベント開催中はなんとか降らずにすみました。終了した7時ごろから雷雨になりましたけれど、観客は濡れずにすんだようです。

エイサーの演舞が始まりました!

まずは、創作エイサー集団の演舞が披露されます。それぞれの集団で趣向を凝らしたきらびやかな衣装を身にまとい、太鼓を叩き、太鼓を持ったまま、飛び跳ねます。文字通り「舞い踊る」のがエイサーです。

一万人エイサー踊り隊

ダイナミックな踊りは見るものを魅了します。一万人エイサーは演者との距離が近いので、汗や息づかいまでも感じられます。本当にかっこいいです!

1歳くらいの男の子が曲に合わせて踊っていました。わかるなぁ。踊りたくなりますね。テレビ局のOTVのカメラマンが男の子をじっくり撮影していました。

演者は沖縄の人がほとんどですが、観客は県の内外からたくさん集まります。外国人観光客も年々増えています。外国の方もノリノリでした。演者の楽しそうな嬉しそうな顔が印象的です。演者も観客も笑顔になるイベントはなかなかないですよね。

エイサーの曲は「七月エイサー」や「唐船ドーイ」などの定番曲があります。創作エイサー集団は使う曲も新しい曲も使われます。

「海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓ぬ響き」って曲がよく使われていて、私は好きになりました。調べてみると「ダイナミック琉球」という曲だそうで、エイサーだけでなく、応援歌や花火大会の時などにも使用されているそうです。沖縄らしくて、すごくいいです!

後半になると伝統的なエイサーを踊る青年会が多くなります。こちらは、太鼓、手踊り、チョンダラー、地謡と基本的な構成の集団が多いです。金武町(きんちょう)の青年団では三線を弾きながら踊っていたので、とてもびっくりしました!

三線とエイサー

最後はカチャーシー

最後は演者も観客も一緒にカチャーシーを踊ります。オジイやオバアがとても上手で、さすが!って思います。テーマパークでは1年中創作エイサーを見ることができますが、夏に沖縄に来られたら、是非お祭りのエイサーを見てください。きっと魅了されること間違いなしです。

ABOUT THE AUTHOR

島人
東京出身で那覇に引っ越してきました。小学生の娘を育てている主婦です。食べるの大好き!特に甘いものが好きです。沖縄の美味しい食べ物を沢山紹介したいと思います。
Return Top