沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

沖縄のイケてるショップが集結?那覇の壺屋サンライズマーケットに行ってみた

沖縄のイケてるショップが一堂に集結?那覇の壺屋サンライズマーケットに行ってみた

サンライズマーケット

突然ですが、みなさん、朝市は好きですか?こしょん21000(以後、こしょん)は、大好きです。澄み切った青空の下で会話をしながらのお買い物ってすっごい楽しいんですよね。今回特集するのは、朝市ではないのですが、サンライズマーケットという雨でも寒くても平気なアーケード街で行われるというマーケットです!先日、行ってみてすごく楽しかったので、ぜひ、このブログでも紹介したい!!と思い記事にしてみました!

サンライズマーケットとはなんぞや?

こしょんが、このイベントを知ったキッカケはFACEBOOKのイベントに出てきた、友達のいいね!。サンライズマーケットのイベントページを友達がいいね!したことによってこしょんのタイムラインに上がってきたことがきっかけでした。

2017年の10月から始まったこのイベントは、都市型マルシェとなっており、以下のようなコンセプトとなっています。

サンライズマーケットは生産者/作り手と、消費者/使い手が出会う場所。

生産者の顔が見える野菜や果物。

作り手の顔が見える陶器、織物、アクセサリー。

地元の食材が料理になって巡り合う。

いつもより縮まるお店とお客さんとの距離。

ふらっと出掛けた街中で、知らなかった沖縄のいいものに出会う。

日曜がちょっと素敵に、楽しくなるような場所に。

日曜マーケットの開催が、マチグヮーを、沖縄をより面白くする。

引用元:SUNRISE MARKET

上記をテーマに掲げ、那覇市壺屋のサンライズ通りで月一のイベントとして行わています。まだ始まったばかりのこのイベントは、まだまだ知名度はそこまでないのですが、中をのぞくと、結構、沖縄にある美味しいどころが参加していたので、さっそく、出かけてみることにしました・・・

サンライズマーケットってどこぞや??

場所は、那覇市壺屋のサンライズ通り。地図アプリなどで調べる場合には、サンライズ那覇で調べると良いです。(サンライズ通りという名称ではヒットしないようです><)

国際通りからもかなり近い場所ですが、正直、活気があるとは言いづらい・・印象です。こしょんも、高校生のころは、よく通っていましたが、それ以来、〇十年来ていなかったので、当時を思い出しながら、懐かしく商店街への坂道をテクテク歩き始めます。

商店街なので、駐車場はありません。近隣のコインパーキングに駐車します。開南方面だと比較的、見つけやすいのではないのでしょうか。ただし、近隣でイベントなどが重なると、コインパーキングもかなり混雑します。国際通りあたりからであれば、十分に徒歩圏内ですので、モノレールで牧志駅まで来て、日曜の国際通りのトランジットモールを楽しみつつ、徒歩で行くのも良い運動になるのではないでしょうか。

サンライズマーケットではこれを買え!

沖縄県産の食品

会場内にはいろいろお店が出ています。農産物から、食肉、加工品、雑貨、お酒にいたるまで、幅広い品ぞろえです。

紹介したコンセプトからもわかるように、生産者や作り手さんの顔が見えるマルシェ。なので、大量販売というよりは、ユニークなものを、作り手さん、売り手さんとの会話を楽しみながら、ゆっくり買い物をするという感じです。

アーケードになっているため、天候に左右されることなくマルシェが楽しめるのも大きな魅力。

200-300メートル程度のアーケードですが、その中に沖縄じゅうから集まった30もの出店と、地元商店街のお店が軒を連ね、みんな自由に、お買い物やグルメを楽しめます。

チュフディ ナチュール

チュフディ ナチュール

沖縄の自然素材を使用し、じっくり時間をかけて作られた石鹸のお店。

本来は、わしたショップなどで1個700円~1200円程度で売られていますが、サンライズマーケットでのオススメは、その石鹸の切り落とした端っこの部分!

各石鹸、1個100円程度で売られています。切り落としとは言っても、効能に変わりはないですし、お試しに使用してみるには十分な大きさです。香りもよく、クローゼットの芳香剤にしてはいかがでしょうか。

また、石鹸の種類は選別できませんが、石鹸のかけらの詰め放題もかなーりお得です。女性に限らず、肌の調子を整えたい、日焼け後の対策に・・・、など、ぜひ、お肌のコンディションに合わせて、試してみてくださいね。

ベトナムバイク屋台・CƠM NGON

ベトナムバイク屋台・CƠM NGON

もともとは、サンライズマーケットからも近い壺屋交差点にある古民家(というか、むしろ、ボロ屋敷??)がお店のベトナム料理のお店。結構、臨時休業だったり、午前中にうりきれちゃったりで、ありつけないことも多いんですよね。"(-""-)"

なので、サンライズマーケットでは、初回から狙っていきます。もちろん、ここも、売り切れたら終わりなので早めのGETをオススメします。

基本的な具材(卵焼き、キュウリ、トマト、玉ねぎ、ニラ??)の他に、季節の野菜や、その日仕入れた野菜達がさらに加わり。毎回、少しづつ変わっていくのが面白くて、やめられない。飽きない理由の一つですね。

大量のパクチーで一気に東南アジア風。ところどころに様々な野菜のピクルスが入っていて、めちゃくちゃ歯ごたえが良いし、風味が良い!!パンも香ばしくて、具材とのマッチングが最高です。結構な大きさなので、いろいろと食べ歩きたい場合には、シェアがマストです。バインミー以外のメニューも美味しいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

泡盛倉庫

サンライズ

那覇市久米にある、会員制の泡盛BAR(とはいっても、そこまで敷居は高くないです。きちんと事前連絡さえすれば問題ないですよー。)が泡盛で作っているサングリアを売っています。その時々で商品は違うとのことですが、いづれも季節の果物や沖縄の果物を利用したサングリアがいただけます!泡盛の匂いが苦手!お酒そのものが苦手!というかたでも美味しくいただけると思いますよ。

加糖していないので、果物がたくさん入っていてもスッキリと味わえます。午前中の青空の下で(サンライズマーケット自体はアーケードですが・・・近くに国際通りや、公園もありますよ♪)ソフトドリンク飲んでいるふーなー(訳**ソフトドリンクを飲んでいるフリをして)しながら、心置きなくサングリアを楽しんでくださいね。

サンライズマーケットってまさにサンライズ!

サンライズマーケット

実は、このサンライズマーケットの仕掛け人は、出店店舗の1つでもあるTaste of Okinawa Craft Beer Restaurant & Barさん。商店街の活性化を目的に、そして、沖縄で良い物を作り、お客さんに届けているお店と、お客さんのさらなる出会いの場にしたいとの思いで開催されているそうです。Taste of Okinawaさんって、実はクラウドファンディングで開業したお店なんですよね。海だけじゃない沖縄!を海外にもアピールしたい。そんな思いから始まったお店だそうです。

残念ながら、今回は、食べる配分がうまくいかず、Taste of Okinawaさんのお店にはお邪魔できなかったのでのすが、なんだか、良いものを発信したい!面白いことをしたい!と、未来に向けて勢いよく発信しつづけるポジティブなパワーをマーケット全体から感じました。

どの店舗の方も、みなさん本当に素敵な笑顔で、なんだか朝から良い気分で一日をスタートできました。まさに、そんな気持ちが、サンライズ!(日の出)ですよね!?いつもの日曜をもっと素敵な日曜にする楽しいマーケット、ぜひ、足をのばしてみてくださいね。

ABOUT THE AUTHOR

こしょん21000
旅とワインをこよなく愛す、陽気な気まぐれ女子。楽しいことを探して今日も明日も明後日も、沖縄を駆け巡ります♪
Return Top