沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

那覇のカフェめぐり~南谷茶房~

私はコーヒーが大好きです。No coffee,No Lifeって感じです。その割にちっとも詳しくはないけれど、コーヒーっていろいろな味わいがあるので、いろんなカフェをめぐるのが楽しいです。今日は「南谷茶房」へ伺いました。

南谷茶房はこんなお店

2018年1月に店名が coffee road aiya から、南谷茶房(なんこくさぼう)へ変わりました。そのせいか、このお店には看板がありません。目印は緑色のコンテナです。

南谷茶房のコンテナ

初めてこのお店を見た人は店名が「COFFEE STAND」だと思っちゃいますよね。実は自家焙煎のコーヒーとカカオのお店です。

南谷茶房の店内の様子

南谷茶房

入り口のところにあったメニューを見ていると女性のスタッフの方が出て来てくださって、「コーヒーとカカオのお店です。お食事メニューはないのですが、よろしいですか?」と案内してくださいました。「はい」と答えて私たちはお店の中に入りました。

真ん中に厨房スペースがあって、そこをぐるっと囲むようにカウンター席があります。

カウンター席

入り口の右側にはテーブル席があって、ソファのある個室もあります。

テーブル席
個室

テーブル席の奥には大きな焙煎器、厨房の奥にはカカオの作業スペースがあります。ダークブラウンで統一されたシンプルなインテリアがとても落ち着く雰囲気です。

南谷茶房のメニュー

メニューはこちらです。

南谷茶房のメニュー

女性スタッフの方の案内のとおり、メニューはコーヒーとカカオティ、ココア、バニラアイスクリームのみです。

「コーヒーにお砂糖もミルクも入れて飲みたいのです」と話すと女性スタッフの方が、「カフェオレにするならこちら、コーヒーにミルクを入れるならこちら。」と案内してくださいました。そこでお勧めのとおり、「グァテマテラ、アンティグラ」の豆で、ホットコーヒーにミルクを入れるタイプ、娘は「カカオニブスアイスクリーム」を注文しました。

コーヒーを注文してみた

厨房スペースのカウンターが低いので、ハンドドリップでコーヒーを淹れて下さっている様子がよく見えます。簡単そうに見えて奥深いこの作業、コーヒー豆にお湯を注ぐたびにコーヒーのいい香りが広がって、とてもいい気分になります。

きっと、コーヒーを淹れる様子が見られることも計算された演出なのだと思います。厨房スペースが整理されていないと演出が台無しになりますが、南谷茶房はすっきりと整理されていたので、パフォーマンスを見ているような気分になりました。コーヒーが運ばれてきました。

コーヒー

ブルーのカップがとても美しく、ダークブラウンのインテリアに映えます。

コーヒーはまず、ブラックで飲んでみました。深煎りのしっかりした味がします。

次にお砂糖とミルクを入れてみました。すると、味が一変しました!今まで飲んだコーヒーはお砂糖やミルクを入れることで、甘みをつけるような感じだったので、私は「コーヒー好き」って言いながらお砂糖もミルクも入れてしまうことに、ちょっと邪道なのかな、大きな声で「コーヒー好き」って言うのは申し訳ないなと思っていました。でも、このコーヒーはお砂糖とミルクを入れたら、味がふくらんだのです。コーヒーがきちんとお砂糖とミルクを受け止めて新しい味わいに変わっていました。こんな経験は初めてです!これからは堂々とお砂糖とミルクを入れられます!

カカオニブスアイスクリームを注文してみた

こちらは娘が注文した「カカオニブスアイスクリーム」です。

アイスクリーム

やちむんの器の下まで、アイスクリームがたっぷり入っています。ボリューム最高!

添えられているのはカカオ豆を砕いたもので、これを好きなようにアイスクリームにかけて食べます。カカオのほろ苦さとカリカリした食感が濃厚だけれどしつこくないバニラアイスとあっています。子供でもおいしく食べられますが、子供に食べさせるのがもったいないくらい、大人が食べても満足の味です。これで500円ってコスパもいいですね。

南谷茶房は店名を変更したのを機にインテリアやラインナップの変更を検討しているそうです。新しいメニューも並びそうで気になりますね。

南谷茶房へのアクセス

モノレール首里駅から首里城方面に歩いて2分弱、鳥堀交差点の近くの緑色のコンテナが目印です。

  • 住所:那覇市首里鳥堀町4-8-2
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:店舗の前に1台分の駐車スペースがあります。

ABOUT THE AUTHOR

島人
東京出身で那覇に引っ越してきました。小学生の娘を育てている主婦です。食べるの大好き!特に甘いものが好きです。沖縄の美味しい食べ物を沢山紹介したいと思います。
Return Top