沖縄情報移住ブログ

沖縄県内の情報を企業・個人が発信するブログ型サイト

国際通りのれん街はどんなところ?

三越デパートが閉店し、そのあとにハピナハがオープンし、その後琉球王国市場になりましたが、うまく行かなかったようで早々に閉店となってしまいました。2019年12月に「国際通りのれん街」にリニューアルしたので、さっそくお邪魔してきました。

国際通りのれん街の店内の様子

国際通りのれん街

国際通りのれん街は、三越の時の建物はそのままですが、内装をガラッと変更して使用しています。

国際通りのれん街マップ

今回は1階のみのオープンで、L字型のフロアの一辺を「那覇市場」もう一辺を「国際通り横丁」とし、3階の空手をテーマにした「Comic DojoTEE! Family」はそのままです。2020年2月には、地下一階に「琉球横丁」と「元祖ラーメン横丁」がオープンする予定になっていて、全て揃うと約30店舗の出店となります。外観の工事が12月まで続いていたので、よくわかりませんでしたが、「那覇市場」は10月からオープンしていたようです。

那覇市場の様子

那覇市場のエリアは那覇の市場をイメージしたインテリアで、レトロな感じに加工された看板が面白いです。

自分で焼いて食べる焼肉の「みずとみ精肉店」

みずとみ精肉店

江戸前寿司の「男前鮓」などで食事をすることが出来ます。

男前鮓
男前鮓

日本全国からの厳選した日本酒と焼酎を販売する「いずみや酒店」があります。この酒店だけが琉球王国市場から引き続いての出店のようです。

いずみや酒店

興味深かったのが一番奥にあった「那覇市場卸売りセンター」業者向けのお肉や水産加工品を扱うお店で、大きなお肉の塊が見えます。

那覇市場卸売りセンター

業者向けではありますが、一般の人でも購入できるようで、掛けてあるジャンパーは冷凍庫の寒さ対策のために貸し出されています。

食事をするお店が中心で、デザート系がなく、ちょっと高めの値段設定のお店が多い印象なので、インバウンド向けなのかな?と思いました。

メニューには多言語で表示されているお店も多かったのですが、インバウンドや旅行者向けならば、コインロッカーがあると、もっと良さそうだと思いました。

国際通り横丁の様子

こちらは県内外のおいしいお店が揃うエリアで、昭和感が漂うちょっと派手目なインテリアになっています。

入口すぐ左にある、居酒屋の「ロッキーカナイ」

国際通り横丁

沖縄では珍しい串カツの「串カツ田中」

串カツ田中

オキナワタコス、フライドチキンを軸とした酒バー「Mucho」

Mucho

牛タン「いろ葉」は牛タン以外にもおつまみメニューが豊富です。

いろ葉

ほかには、うどん、お寿司、焼鳥などの店舗があり、こちらは気軽に昼飲みもできるエリアになっています。

おまけ・面白いトイレのドア

基本的に建物の基本構造は三越の時のままなので、トイレは三越の時のままです。ですが、「国際通りのれん街」になってリニューアルされたところがありました。

トイレのドアには「挽く」と書かれていて「引く」の意味で、ドアの反対側は「お酢」で「押す」の意味ですね。ここ以外は三越の時のままなので、きっとオーナーは駄洒落好きな方なのでしょう。

トイレのドア

国際通りのれん街基本情報

国際通りを牧志駅から県庁前方面に向かって歩いて右側にあります。牧志駅から5,6分です。

  • 住所:〒900-0031 沖縄県那覇市牧志2丁目2−30 リウボウ商事本社ビル 1階
  • 営業時間:11:00~翌4:00(店舗によって異なります)
  • TEL:03-3710-2091
  • 駐車場:駐車場はありませんが、すぐ裏手にコインパーキングがあります。

ランチ、昼飲み、深夜といろいろなシーンで使えて、テイクアウトもできます。LINEを使ったお得なサービスもあるので、今度こそ、行きたくなる食の殿堂として定着して欲しいなと思いました。

申し分ない立地で十分に使える施設なのに、シャッターが閉まったままなのはもったいないですから。2月に全てのエリアが開業したら、再び潜入レポートをお届けする予定です!

ABOUT THE AUTHOR

島人
東京出身で那覇に引っ越してきました。小学生の娘を育てている主婦です。食べるの大好き!特に甘いものが好きです。沖縄の美味しい食べ物を沢山紹介したいと思います。
Return Top